小牧野遺跡の紹介

B1 1

環状列石(真上から)

縄文時代後期前半(約4千年前)の環状列石を主体とする遺跡です。平成7年に史跡として国に指定され、現在は「北海道・北東北の縄文遺跡群」の一つとして、世界遺産登録を目指しています。

全国的にも非常に珍しく、膨大な日数と労力をかけて作られた直径55メートルの環状列石は、当時の埋葬、祭祀・儀礼に深く関わるものです。縄文人の祭祀に対する考え方や社会の仕組みを示すとともに、当時の土木技術を知る上で、貴重な文化遺産となっています。

小牧野遺跡空からの全景

空からの全景